ピント調節 サプリ

ピント調節のためのサプリを紹介します

「最近目の焦点が合わない」

 

これは目のピント調節が上手く行っていないことが原因かもしれません。年齢を経るに従って目のピント調節機能が低下してきます。

それを補正するにはメガネを使っても難しいことは皆さんもご存知でしょう。

 

もしかするとあなたの場合もピント調節力が弱っていて栄養が足りていないかもしれません!

 

ピント調節のためのサプリを試してみる価値はあります。

 

ピント調節のためのサプリ3選

それぞれ表現は違いますが視界をクッキリ、ハッキリさせるというサプリです。

 

これはピント調節をするということを示唆しているといえるでしょう。

ファンケル えんきんの特徴

ファンケル えんきんの特徴は

機能性表示食品です

・ピント調節機能を助けます

・疲労回復

・目の酷使による肩・首筋への負担軽減

・ルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3、グルコシド、DHA含有

アスタキサンチン4mg、ルテイン10mg、DHA50mg

価格 1,000円(税込)
評価 評価5
備考 通常価格は2,160円(税込)
ファンケル えんきんの評価

ファンケル えんきんはCM等でもおなじみですね。

老眼サプリという印象が強い商品です。

目の疲れを改善したりピント調節機能に優れています。

ファンケルという有名な化粧品・健康食品のメーカーが生産販売していることは安心な点です。

 

リフレ ブルーベリー&ルテインの特徴

ブルーベリー&ルテインの特徴は、

機能性表示食品です

目の疲労感を改善

目の黄斑部の健康を守る報告有り

・定期コース初回限定で価格1,000円(税込)

・アントシアニン40mg、ルテイン6mg配合

価格 1,535円(税込)
評価 評価4
備考 初回限定で1,000円キャンペーン有り
リフレ ブルーベリー&ルテインの評価

ブルーベリー&ルテインは機能性表示食品に指定されています。

商品の強みとしてはアントシアニン40mg、ルテイン6mg配合されていてブルーベリーサプリではトップクラスの成分量です。

目の疲労感が改善し、目の健康を守るという評判です。

いろいろな悩みの手助けをしてくれる頼れるサプリです。

 

めなりの特徴

めなりの特徴は、

・目の疲労感を改善

・ルテイン12mg配合

・ビルベリー120mg配合

・アントシアニン含有量3倍以上!

・業界トップクラスの成分量です

・リピート率90%超え!

・ルテインの吸収率が高い

価格 907円(税込)
評価 評価3
備考 定期便毎月1袋で2,980円、通常価格3,980円
めなりの評価

成分量が多く業界トップクラスです。

質が高い商品で押したいところですが、2回目以降の価格が2,980円とやや高いのがネックかもしれません。

初回は907円と非常にリーズナブルなので試してみる価値はあります。

スッキリ、クリアになる感覚が良いと評判です。

ピント調節ならえんきん

目のサプリの中では「えんきん」がピント調節を助けると明確に言っていますね。

やはり見づらくなった場合に頼りになるのはえんきんでしょう。

 

えんきんは臨床試験をパスした日本初の機能性表示食品として知られています。その内容とは

 

「ルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3-グルコシド、DHAが含まれるので、手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます。」という内容になっています。

 

これは効果の期待が特にできると思いますね。

 

他のサプリはえんきんのように明確にはピント調節機能を助けるとは言っていないのでこの差は大きいと言えます。

 

使ってみて効果の実感してみるのが1番だと思いますよ!

 

\えんきんはこちら!/

 

目の焦点が合わないというのは危険なこと?

目の焦点が合わないというのは危険なことです。例えば運転していて視界がぼやけていたらどうでしょうか?またそもそも気になってしまい気が散るということがあるでしょう。

 

この目の焦点が合わない症状は病院に行っても治りません。例えば目薬をしてスッキリしたような気分になってもそれはその時だけであり、すぐに焦点が合わなくてストレスを感じることでしょう。

 

したがってサプリメントによって調節することを補うということは重要です。ただ即効性があるということではないので長い目で多少の努力は必要でしょう。

 

また老眼鏡で補正するという方もいらっしゃいますが、そういう方の感想としては今一つメガネが合わないということが多いです。それはなぜでしょうか?理由としては近くのモノを見る場合と普段見る場合の両方に適用するメガネが無いからです。近くの文字が見えないのは老眼ですが、遠くのモノが見えないのはまた違ったことが要因です。

 

老眼用に遠近両用といったものがありますが余り評判はよくありませんね。まず独特な見え方をするので最初は必ず戸惑う筈です。しかもそれが慣れないのでずっと違和感が続いたまま使わないといけない。こうなると老眼鏡を手放す人がほとんどでしょう。何となく耐えられないといった感じ。

 

使い慣れると便利という評価もあるでしょうが実際に使っている人で遠近両用レンズが便利だという方は非常に少ないです。これは見え方がやはりコツがいることが原因です。また面倒くさいということがあるでしょう。

 

ですから老眼鏡は近くのものを見るタイプを専用として持っておくことが重要です。その間に目の調節サプリなどで体の中から補正していくことが理想的です。

 

年齢的には40代から老眼が始まりますし人生の半分近くは老眼のまま過ごさないといけません。ものが見えないのは思った以上にストレスであり、あの近くの文字がぼやける感じは何とも言い難いじれったさがありますね〜。見えそうで見えないというかいかんともしがたいのです。

 

目のサプリなんて必要ないと感じる方でも意外にこれは良いじゃないかということを言われる方も最近では多いですね。やはり目の焦点が合っていない原因も解明されつつあるのでそういったことで治りやすいというか改善しやすいのだと思います。まあしばらく使ってみて改善しなかったらやめればいいだけですし、副作用の心配がないのが強みの一つでもあります。いろいろな方法を試してみるのも重要だということです。

 

\えんきんはこちら!/